fc2ブログ

自閉症みつきと日常絵日記

img20181112_15062806.jpgimg20181112_15042551.jpg

リタリコにちょっとだけ行っていたことがあったので、思い出したので書きます。
最初の絵はわかりずらいですが、「シルバニアファミリー」の絵ですww
年少さんのころ、少しだけ行ってました。「リタリコ」とは療育の教室です。受給者証の使えるコースと、実費のコースがあります。

実費のコースはかなり高いです、なので、実費のコースはそんなに待つことなくは入れる感じでしたが、受給者証を使う場合は、週二回通うのが原則、入るのに待機で、半年、一年、二年と待つそうです。

当時、うちが通える範囲での教室の話なので、待ちの年数などは問い合わせてみてください。
うちは受給者証の日数をすでにほかで使っていて、義実家に費用をだしてもらっていたこともあり、実費のコースに通いました。
週に一回でした。

受給者証の方でも、待機をしていた時期がありましたが(結局通いませんでしたが)最初に電話で問い合わせて、希望の教室、行ける時間帯、曜日を聞かれ、空きが出たら電話をする、という感じでした、その時は比較的数か月くらいで電話がかかってきました。
私も受給者証というものを知っていれば困り感の強かった小さいころ、通わせてみたかったと思います‥特に親子療育に入れる前とか‥。

で、実際にリタリコに入ったわけですが、
ウチの場合、みつきがきちんとできず、癇癪もすごかったので、個別となりました。
最初に入会前のお試し?で入ってもらった女性の先生はとても上手な感じがしました、言葉を引き出してくれるよう誘導したりなど・・。
実際に入ってからは体育会系?男性の先生でした。最初の先生と比べると、普通かな感じを受けました。

img20181112_15062806.jpg


字が汚くなってしまいましたが、絵にあるように、1番、シルバニア、2番・・などと、やる順序をホワイトボードに書いて、切り替えを教えているような感じでした。
タイマーも使っていました。うちの子の場合ですが、終始、遊びながらという感じでしたね。同時期に別の場所で通っていた知人もずっと遊びだと言ってました。親は教室の外で、モニターにヘッドホンで子供の様子を見て待ってる感じです。

img20181112_15070211.jpg

人形遊びを通して、言葉を引き出す。。とか、くみくみスロープでイライラしても、怒るのを抑える・・とかそんな感じ
でしたね。

   

 授業の前や、後には入り口にある滑り台などの遊びコーナーでよく遊んでいました。ちょっっと乱暴な子がいるとヒヤヒヤしたりも・・。
本当は集団をやりたかったのですが、そのつもりで決定となっていたのに・・、一回目のうちの子の癇癪っぷりを見て、強制的に個別のみにさせられてしまいました💦
曜日も集団と個別だと違ってくるので、もっと最初にちゃんと判断してほしいなあと思いました。

しばらくは通いましたが、電車を乗り継いで行かなくてはいけなかったので遠かったこと、このころ私も体調を崩したことで、療育園にも通っているしということで、授業内容もあまり変わり映えしなかったのでやめてしまいましたが・・。
本人はおもちゃで遊べたのが楽しかったようです。

合う方には合うんだと思います、授業内容もお子さんの状態によるかと思います。教室も新たに増えているので、通いやすい場所にあったり、受給者証を使えるのはありがたいと思うので、気になる方は体験などにいかれるとよいかと思います。たいした体験談は書けてませんが、一応記録してみました。


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する