fc2ブログ

自閉症みつきと日常絵日記

img20180816_14554933.jpg
年長の年、学校見学が始まった5月頃、何件も小学校の支援級の見学に行きました。
一番近いところが志望でしたが、どこも定員が決まっており、定員を超えてしまうと抽選になってしまいます💦


よくブログなどで、普通級へ行ったり来たり出来るなんて言う記事を見かけますが、うちが住んでいる地域は、普通級、支援級、がっつり分かれています!交流で普通級へ行くというのもまず出来ません💦


支援級との先生との話し合いで、人によって、一科目のみ、行ってる子もいますが、基本は支援級に入ったら、その中だけで過ごし、ほとんど交流はありません・・。教室も大抵、普通級とは離れたところにポツンと教室があったりします。
先生の数は子供が多ければ増やしてもらえたりして手厚い感じでした、8名に対して一人の先生くらいですかね。


子供たちはきちんと静かに座って授業を聞いていました、ウチの方ではトイレは自立していることが必須。
何か所か見に行きましたが、厳しくぴしっとしている所、元気でのんびり?明るい雰囲気のところ、10名程度の少人数のところ‥。といろいろでした。20名くらいのクラスのところが多かったです。そしてどこも男子多め。
普通級も見学しました‥。授業難しそうだなぁという印象。


説明会も聞きに行き、第一志望を決めました。・・というか徒歩で難なく行ける学校はひとつしかなく、他は自転車、バス、電車など使わないといけなかったので、自転車も大きくなると後ろに乗せるのが大変ですし、一番近いところへ行かせたかったのです。


そして、就学相談へも。そこで手続きをして通れば正式に支援級へ申し込めることになります。
行動観察で、就学相談の方が療育園に来ました。


結果、「普通級で判定出そうですが、それでも支援級へ行きたいですか?」と。
当時、とにかく先生がず~~っと面倒見てくれないと心配だった私は支援級を希望しました。旦那も同じ考えでした。
そして私の希望もあり、支援級に入ることになりました。


結果的に第一志望の近い小学校へ通うことになりました。
療育園のお友達とは、みんなそれぞれ、支援学校、支援級(ばらばらの学校)、普通級と別れることになりました。

ここで・・・

就学についての説明を療育園で聞く機会があったので、、、。
学校事情はお住まいの地域によって色々違うようですが、、。

★普通学級、通級、支援級、支援学校、と、4つの選択肢のお話。

目安として発達の数値からだと、、、
通常(おおよそIQ75以上) 普通学級
軽度(おおよそIQ50~75) 支援学級
中~重度(おおよそIQ50以下)特別支援学校
あとは、コミュニケーション、精神発達状態の安定の程度のよりけりだそうで。(数値は療育園の説明会でもらった資料に書いてあったものです。)

一概にはいえません。という感じみたいですね、でもウチの地域では、親の希望で行きたいところへは行けるようです。ただ親の付き添いなどが必要になるケースもあるようです。
img20180816_14563204.jpg
支援級へ通う先輩ママさんの話では、宿題も出るし、毎日の登校、下校の付き添いがあり。普通級との交流もあったり、頻度は学校によるらしいですが。

支援学校へ通う先輩ママさんの話では、先生にお任せで、登下校は送迎バス(決まった停留所まで行かないといけませんが)で、仕事を始めるお母さんも多いそうです。先生も知識がありますしね。

そして支援学校への見学も一度したことがありますが、自閉症のクラスなど、ちょっと分かれてたりもしてました、一年生の教室を覗いてみると、療育園と内容が似てる感じも受けました。絵をたくさん使っていて、国語の教科書が絵本だったりしてましたね、荷物も着替えが多くなるようでリュックで通う子が多いそうです。
img20180816_14573086.jpg
普通級はまぁ、、、自分も散々通っていたので、、自分で判断して動いて、勉強も一斉指示で。って発達に遅れがない限りはごく普通の教室ですね。普通ってどれだけすごいか身に染みました。
登下校もひとり、もしくは集団登下校。

よく考えて、子供にとっての良い選択を出来るといいですね。毎日楽しく拒否せず行ってくれることが一番ですね😊

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する