fc2ブログ

自閉症みつきと日常絵日記

スキャン_20220811 (2)

コロナの人数が3年近く増えたり減ったりしていますが、リモート授業をやっていた時期がありました。
最初は先生もこちらも、繋がる?繋がらない?みたいな感じでアタフタしていました💦
保護者会のパスワードが違っていてみんな、学校に電話で問い合わせたり😅


うちも、2週間ほどリモート授業を受けていた時期がありました、、学校で大人数コロナが出てしまい、学級閉鎖するクラスも結構あり怖かったので😨

リモート、登校と選べたのですが、やはり登校を選ぶ家庭が大多数。リモート派は少人数でした。ただ一時期はクラスの

3分の1ほどリモートでした。

リモートの様子は、子供達はリモートの子同士で喋ったり、おもちゃ自慢をしたり。みつきもうれしそうに好きなおもちゃを見せてました😊

話をしてはいけない時間でも皆喋ってしまって先生に怒られる、、😅

「こえーーっ」というリモート組の会話も「全部聞こえてるからねっ❗」と先生に怒られる、、。

なんか微笑ましかったですw



授業は、国語、算数、道徳、音楽など。体育は参加できないので、
「体育っぽいことしててくださいー」と先生に言われる😅
あと、テストも受けられないので、結構空いてしまう時間ができるんですよね、空いた時間、家庭学習もさせましたが、それでも時間が空いてしまい、遊んだりテレビ見たり、、、。


クラスで参加できる授業でも待ち時間が発生すると本を読んだり、、、なんか自由な感じになっちゃいますね・・家だと。

最初の頃はネットを繋げっぱなしでクラスは体育へ、リモート組は喋ったりしてましたが、途中から先生が一旦切るようになり、時間になったらまた入り直さないといけないのが不便でした💦




子供が時間とかちゃんと見ていられないのでこっちが時間を把握する感じですね、、授業自体はほっといても一人でやってくれたので助かりましたが、、。

寝室に簡易的なテーブルと座布団をおいてやらせていました。クラスに大きなディスプレイがあって、そこに映し出されているのでちょっと恥ずかしいですね、、😅背景をぼやかしていましたが。

 

リモートは1ヶ月くらい続きましたが、うちは2週間ほどで登校に切り替えました。年度末だったので行かせたかったので。その頃にはリモート組も2人程度になっていました。

2週間ぶりに学校へいったら、リズムが崩れてしまったようで、、、生活面の出来ていたことができなかったり、、後々、元に戻すのがちょっと大変だったと聞きました。

うーんやっぱりこれからは登校にしようかなと思いました。

給食あり登校、なし登校と(4時間授業でその後給食食べるか食べないか)いう時期もありました。食事が感染危ないかな?ということで無しで帰っていたこともありました。




こういう時期はデイも怖くて行かせられなかったので、旦那がリモートワークでなければ私は仕事を続けるのは無理だったなぁと思います、本当に低学年の子がいる家庭で共働き夫婦はどうしているんだろうと思います、、。まぁ学童に行かせるしかないと思いますが、、。



放課後等デイサービスは学童よりもクラスターが頻発しているので、、。発達障害のある子だと本当大変、、コロナになってしまえば結局仕事もお休みすることになりますしね💦(うちの方の地域の場合)

話を戻して、学校のリモート授業は午前中は授業、午後は先生がプリントを作成しているようでした、学校の玄関に取りに行っても良いし、パソコンからダウンロードもできました。

リモート授業、無いよりはある方が助かりますね、でも親はとっても疲れます、、😅
ブログ村のランキングに参加していますので、下の「発達障害育児」を押してもらえると反映されて励みになります、良ければぽちっと押してもらえるとうれしいです↓

テーマ:発達障害の中のグレーゾーン児 - ジャンル:育児

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する